スイマグ・エースのスッキリ効果・評判は?商品比較

「スイマグ」のスッキリ効果と評判は?実践検証しました!

結論から言うと、

 

 

私は、「スイマグ」という商品で効果を実感、
毎朝の”スッキリ”を取り戻しました!

 

 

善玉菌のチカラ

 

 

普通はこの時点で満足して終わりだと思いますが、
元来マニアックな性分の私は、
それでは、スイマグ以外にも
毎日の”スッキリ”をサポートしてくれる
優良な商品はないのだろうかと興味を持ちました。

 

 

そこで、下記の3商品を比較してみることにしました。

 

 

スイマグ
モリモリスリム
するっと抹茶

 

 

どの商品も、私が実際に試したものです。
当たり前ですが、どの商品にも長所と短所がありますので、
できるだけわかりやすく解説してみました。

 

 

を実際に飲んでみた感想を、わかりやすく表にまとめてみました。
また、表の下には、
それぞれの商品の特徴を詳しく解説していきます。

 

 

P.S
最近、雑誌たまごクラブにて、
「するっと抹茶」が紹介されたようですね。
たまごクラブといえば妊婦さんを中心とした、
読者さんに読まれている人気の雑誌です。

 

 

”妊娠中の方に“妊娠中の”スッキリ”によい製品は?”
とアンケートをとったら、
「するっと抹茶」がいいという声が挙がったんですって。
これが本物の口コミというものですね^^

 

 

>>スイマグよりも飲みやすい!フジッコ「善玉菌のチカラ」体験談

 

 

スポンサードリンク

 

「スイマグ」「モリモリスリム」「するっと抹茶」試した効果まとめ

 

 

 

スイマグ

 

モリモリスリム

 

するっと抹茶

価格

 

お試し1本で購入した場合1,200円。
1回20mlとした場合、
1回分は約67円

 

楽天での最安値3,456円。
30包入りのため、
1回分は約115円

 

はじめてセット1,944円。
100g入り、約10g/1回分。
1回分は、約195円

 

即効性

 

☆☆☆☆

 

強力

 

 

☆☆☆☆☆

 

超強力

 

 

☆☆

 

効果はゆるやか

 

飲みやすさ

 

☆☆

 

美味しいとは言えない。
寒い季節は、たくさん水を飲むのがつらいことも。夏場は気になりませんでした。
飲みづらい方は、カルピスやヤクルトに混ぜて飲むと飲みやすいとの感想も有り。

 

 

☆☆☆☆☆

 

普通に美味しい。
温かい。
飲みやすさに感動。

 

 

☆☆☆☆

 

少しとろみのある抹茶という感じ。
個人的には抹茶好きなので飲みやすかった。
お湯、水、牛乳、豆乳、その日の気分で楽しめます。
管理人は豆乳で試しましたが、おいしかったです。
抹茶味が苦手な方は、「するっとカフェ」というコーヒー味もあります。

 

腹痛

動いている感じはするが、腹痛というほどのものはない。

 

おなかが痛いというより、飲んだ後、おなかがかなりゴロゴロしたり、体調によって、おならが多めにでたりします。
個人的には、特に下痢になることもなく、夕食前に飲めば、翌朝スッキリ。
ただし、かなり緩めの便。
朝一番でお通じがあった後、継続しておなかがごろごろしたり、便が緩くなる、ということもない。

 

強めの腹痛有。

 

管理人は、飲んでから2日間ほど下痢気味になりました。
かなり強めの腹痛を伴います。
また、数日間便が緩くなり、トイレが近くなるため、初めて飲む方は、お休みの前日を選ばれた方が良いかも。
試された方の感想では、腹痛が辛くて、お仕事の日は絶対に飲めない、という方も。
美味しくとても飲みやすい分、飲んだ後の腹痛は予想外。
これが下剤成分の力でしょうか。
ただし、かなり頑固な便秘の方の感想では、喜びの声も多数。

 

 

腹痛はまったくなし。

 

効き目が緩やかなため、体に負担がかかっている感じが全くしない。
飲み続けると、腸がごろごろと動く感じがわかるようになる程度。

 

妊婦・授乳中の使用

 

 

 

×

 

 

 

主な成分

 

水酸化マグネシウム

 

 

ゴールデンキャンドル

 

 

グア豆、桑抹茶、てんさい糖

 

その他

 

なんといっても、一番安い!

 

これも続けるためには大切なことです。
妊婦さんや授乳中の方も飲めますし、

 

即効性も高いですから、

 

お守りのように1本ストックしておくという使い方もいいかもしれませんね。

 

おなかが痛くなることも無く、即効性はかなり高い。
妊婦さんや授乳中の方、それに加え、赤ちゃんや子供さんでも飲むことができる安全性は、やはり魅力的です。

 

コストパフォーマンスと安全性。

 

結局、スイマグは偉大である、という結論は変わりません。

 

 

 

>>購入方法はこちら

 

 

 

飲みやすさ・即効性は抜群。

 

ゴールデンキャンドルに含まれる、下剤成分センノシドの過剰摂取には注意が必要。
しかし、ゴールデンキャンドルは薬品ではなく、食品に分類されているため、きちんと容量を守れば、安心して飲み続けられると、メーカーの説明がありました。

 

本当に頑固な便秘に悩む方にとっては、救世主になりうるお茶だとは思います。
しかし、実際に下剤成分と呼ばれるものが含まれているのは事実。
薬品ではなく、下剤でもないとはいっても、実際におなかが痛くなりやすいことも事実。

 

もともとおなかが弱いと認識している方、また、長い目で見た改善を目指す方は、「スイマグ」や「するっと抹茶」等を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

>>「モリモリスリム」は下剤なのか?

 

 

 

下剤成分ゼロで体にやさしく、飲みやすい!

 

痛くならない、
ゆるくならない、
自然にでるようになる。
添加物も保存料も0。
ビタミン・ミネラルも豊富。
ノンカフェイン。

 

妊娠中も、授乳中も子供が飲んでも大丈夫。

 

一時しのぎ、即効性重視の商品と一線を画し、自分の腸本来の機能を正常化させ、自然なすっきり習慣を目指した商品のため、即効性を期待する人向きではない。

 

下剤成分に頼らない自然なスッキリを目指す方向きです。

 

 

 

>>「するっと抹茶」体験談

 

 

スイマグは、私の体内改善の救世主

 

わたしが、毎朝の”スッキリ”を取り戻した方法、スイマグ

 

それが、スイマグです。

 

 

膨満感に悩まされ続けた私は、
何かいい改善方法がないかと、いろいろと調べました。

 

 

便秘解消を期待できるとされている代表的な食べ物は、

 

 

ごぼうに代表される「食物繊維」。

 

 

しかし、よく調べてみると、食物繊維をとることが、
誰にとっても便秘解消の助けになるとは限らない、
ということがわかりました。。

 

 

食物繊維には、下記のように2つの種類があるってご存知ですか?

 

  1. こんにゃく、海藻類、果物類に含まれる水溶性の食物繊維
  2. 穀類、豆類、野菜類、イモ類に含まれる不溶性の食物繊維

 

それぞれの食物繊維が効果的な症状は下記の通り。

 

水溶性の食物繊維

便秘と下痢を繰り返す
便が硬い
便意が起こらない

不溶性の食物繊維 腸の動きが鈍い

 

特に、便秘と下痢を繰り返す、便が硬い等の症状の人が、
不溶性の食物繊維をとると、
余計におなかが張ったり、症状が悪化する場合があるとのこと。
豚汁なんていうのは、もってもほか、ということでしょうかね。
私、大好きなんですけどね^^;

 

 

それでは、穀類、豆類、野菜類、イモ類に含まれる
不溶性の食物繊維が効果的だとされる、
「腸の動きが鈍い」という症状って、どういう状態のことなんでしょう。
腸の動きが鈍いから、便が硬くなったりするのではないの??

 

 

自分の腸の状態にとって、
水溶性の食物繊維が良いのか、不溶性が良いのか。
ちょっと判断がつかないなぁ〜と私は思ってしまいました。

 

 

勝手な自己判断で、自分の腸にとって、
逆効果の食べ物をとってしまうということだけは避けたいですよね。

 

 

ううん、、、他に方法はないのかなぁ〜

 

 

そして、
「マンガでわかる「西式甲田療法」」の著者、甲田光雄さんの書籍
「腸をキレイにする!―いいウンチを出して便秘を解消する」を読み、
西勝造先生が作られたスイマグの存在を知ったのです。

 

水酸化マグネシウムを主成分とする塩類下剤であるスイマグは、
腸の内部に水分を増やして便を柔らかくして便通を改善する薬。
作用が穏やかなために、緩下剤とも呼ばれます。

 

「腸をキレイにする!―いいウンチを出して便秘を解消する (日経ヘルスブックス)」より引用

 

 

私は、30代前半の女性です。
学生時代まで部活で毎日テニスをしていましたし、
20代の頃は、結構アクティブにからだを動かす仕事でしたので、
便秘や膨満感に悩まされることはありませんでした。

 

 

ところが、30代に入り、一日中パソコン作業の仕事になったことで、
やはり運動不足なのでしょう。

 

 

自分なりに、食べ物に気を付けたり、
ヨガやチベット体操・ダンベル運動なんかも取り入れて、
なんとか体を整えようと努力をしていたのですが、
一年ぐらい前から、自分なりのベスト体重を
通常的に1〜2キロ上回るようになり、
三日に一回便意があればよい方で、慢性的に膨満感がある状態。

 

 

空腹を感じないわけではありませんが、

 

あ〜おなか空いた!
おなかペコペコ!!

 

 

と、気持ちよく食事することができなくなってしまいました。
常になんとなくおなかが張っていて、少し気分が悪い。
これではいけない!
と真剣に「腸」に関する本を読み漁りました。

 

 

そこで、目に留まったのが、スイマグなのです。

 

 

 

スイマグの副作用が心配だという方

 

一般的な便秘薬には、程度の差はさまざまですが、
なにかしら副作用があると言われています。

 

 

なぜ、副作用が起きるのか?
これは、薬と言われるもの全般的に言えるものですが、
薬は、最終的に腸に届かなければいけないわけです。
ですから、口に入れてから腸に届く前に、
胃で溶けてしまわないためのコーティングを施す必要があります。

 

 

その結果、便秘薬は胃で溶けることなく腸に届けられるわけですが、
便秘薬を守ったコーティングは胃で溶けることになります。
その溶けた薬の成分が、胃粘膜を刺激することで、
腹痛・下痢・体のだるさなどを引き起こす、というのが
副作用のメカニズム。

 

 

スイマグを販売している株式会社三保製薬研究所によると、
スイマグは吸収されにくく、大部分が便とともに排泄されるため、
通常、副作用は起こるものではなく、
これまでもスイマグによる副作用は起きていないとのこと。

 

 

しかし、腎不全等で腎臓機能が低下している場合、
大量のスイマグを長期に服用すると、
排泄が追い付かず、血液中のマグネシウム量が多くなり、
高マグネシウム血症(初期症状として口の渇き、低血圧、吐き気、除脈、
脈拍低下、筋力低下、傾眠、手足顔のほてり等)を起こすことがあるため、
血液検査の際にマグネシウム量も測定してもらうことを勧めています。

 

 

腎臓機能が低下していらっしゃる方については、
使用前に十分確認してくださいね。

 

妊婦・赤ちゃんにも安心なスッキリ方法

 

妊婦さんや授乳中のママさん・赤ちゃんは、
原則として便秘薬の使用は禁止となっているため、
どうすることもできず、便秘に苦しんでいる方も多いですよね。

 

 

当サイトにも、「妊婦 ダイエット」または、「赤ちゃん ダイエット」
こういったキーワードで訪れてくれる方が、かなり多いです。
そういった方にも、このスイマグをぜひ、試してほしいですね。

 

>>「妊婦さん・産後の方のスッキリにもスイマグ。」のページへすすむ

 

 

即効性と腸内改善の両立を目指す人⇒ スイマグ

 

  • 妊婦さんや授乳中の方もOK
  • 他の2つに比べると飲みづらさは否めない。
  • コストパフォーマンスはピカイチ!

 

>>「スイマグ」実践体験談 1日目のページへすすむ

 

第1に即効性を求める人⇒ モリモリスリム

 

  • !注意 妊婦ではないこと、授乳中ではないことが大前提。
  • 下剤成分が含まれることを理解すること。
  • 効きすぎて腹痛を伴う方もいるほど。
  • おいしいうえに、即効性はピカイチ!

 

>>「モリモリスリム」便秘解消体験談 | 美味しい、でも強力、、のページへすすむ

 

第1に腸内改善を目指す人⇒ するっと抹茶

 

  • ノンカフェインだから妊娠中、授乳中、子供が飲んでも大丈夫。
  • 下剤成分ゼロで、効き目は緩やかなため、しばらく飲み続ける覚悟が必要。
  • 少し商品が高め。
  • うす甘の抹茶風味で飲みやすい!
  • 抹茶味が苦手な方にはコーヒー味もある。

 

>>「するっと抹茶」体験談 | 実際に飲んでみました!のページへすすむ

 

まずは、便秘に効く運動を試しましょう!運動は無料です。

 

実は、最近、
ものすごく便秘に効く運動を発見してしまいました。
今まで、
「スイマグ」「モリモリスリム」「するっと抹茶」など、
さまざまな便秘に効くものを試し、比較してきました。

 

 

そして、困ったときには
基本的にスイマグを飲むようにしてきました。
ただ、目指すは”自然なお通じ”なので、
二日以上まったくお通じがないとき以外は、
むやみに飲まないようにしていました。

 

 

先日、2,3日コロコロうんちしか出なくて、
どうもスッキリしない日があったのです。
そこで、テレビで紹介されていたある運動を試したところ、
この運動を試してほぼ1時間後に、
夕食時にスイマグを飲んだ翌朝のような、
むずむず感が起こり、
まさかと思いつつトイレに入ってみると、
なんと、するっと気持ちのよいお通じがあったのです。

 

 

さて、この運動とは、もともとは、
「動脈硬化」を防ぐため、血液の流れを速くし、
血管内に一酸化窒素”を発生させる」という体操として、
紹介されていました。
その名も、

 

 

ふくらはぎ運動

 

 

  1. 背もたれ付きのイスの後ろに立つ。
  2.  

  3. 両手でしっかりと背もたれを掴む。
  4.  

  5. つま先に体重を掛けて、ゆっくりとカカトを上げ下げする。
  6.  

     

 

この動作を朝と晩に30回ずつ行うだけなのだそうです。
そして、わたしの場合は、昼食後に初めて1度
この運動を行っただけで便意があったのです。

 

 

意外と、飲むものや食べるものを一生懸命探すより、
簡単な運動が大切なのかもしれませんね。

 

 

ですから、便秘に困ってこのサイトを訪れてくださった方は、
ぜひ、この運動を試してみてください。
これで便秘を改善することができれば、お金はかかりません^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

↑ 一番上にもどる


トップページ スイマグ実践体験談 するっと抹茶体験談 モリモリスリムは下剤なの? 寝かせ玄米でキレイ!