宿便とは?

宿便とは?

 

宿便とは、一体何なのでしょうか?

 

宿便とは?

 

国語辞典には、
「宿便:排泄されないで長い間、腸の中にたまっていた便」と記載されているが、
宿便は医学の専門用語ではない

 

医学博士の甲田光雄は、一私案と断った上で、
宿便の定義を「胃腸の処理能力を超えて、負担をかけ続けた場合、
腸管内に渋滞する排泄内容物を総称したもの」であるとしている。

 

宿便の色と硬さは普通の便とそう変わらないと甲田は述べている。

 

また、便秘と宿便がよく似ていることに絡めて、
宿便は毎日普通に排便があったとしても残留してしまう可能性があり、
腹が張って排便が無いというような便秘とは違うと説明している。

 

ウィキペディア-宿便(最終更新 2012年7月21日 (土) 01:15 )より引用

 

 

私もよくわからなかったので、調べてみたのですが、

 

医学的な見地では宿便という言葉は存在していない、のだそうですね。

 

しかし、甲田博士のおっしゃるように、
「毎日普通に排便があったとしても残留してしまう」宿便という存在は、
個人の見解としてあるように思います。

 

 

どちらにしても、便は24〜48時間程度で排出されるようサイクルが作られているとのこと。
ですから、

 

 

「腸内には絶えず便が形成され続けているので、腸内の便を完全に排泄することは不可能」

 

 

ということは理解できます。

 

 

それはそうとして、
このリサイクルにのっとり、膨満感を感じない程度に、
個人的な感覚からすると、一日に一度はお通じがあるような、
そんな生活を目指したいものです。

 

いえ、私はそういうからだを作るべく、スイマグを実践しているのです^^

 

>>三保製薬スイマグ 通販購入方法のページはこちら

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「便秘とリンパトレナージュ」のページへすすむ


トップページ スイマグ実践体験談 するっと抹茶体験談 モリモリスリムは下剤なの? 寝かせ玄米でキレイ!